チャーリー古庄の年収や職業は?経歴やLCCの魅力も解説!

yjimage

どうもです。ケンシです^^

突然ですが皆様は飛行機に乗りますか?

仕事やプライベートでよく飛行機を利用するという方は10/11の「マツコの知らない世界」は必見です!!

飛行機男ことチャーリー古庄さんが登場しLCCの世界と題して楽しくお得なLCC情報を紹介してくれます😄

(LCCとはローコストキャリアの略で効率的な運営で低価格の運賃で運航サービスを提供してくれる航空会社のことです。)

このチャーリー古庄さんは、なんと年間100回もLCCに乗るらしく、この業界に相当精通しているようですね。。。

それにしても年間100回となると、いくらLCCにといえどもそれなりにお金がかかると思いますが、年収はいくらほどなのでしょうか?

また、職業は一体何なのでしょうか?

気になったので、本記事にて調査しましたので興味のある方は是非最後までチェックしてみて下さい!!

スポンサーリンク

チャーリー古庄さんの年収や職業は??

チャーリー古庄さんは43歳で東京都世田谷区出身です。

子供の頃から乗り物が大好きで、現在でも飛行機や車や鉄道など乗り物系ならなんでも興味があるのだとか。

年収の前に職業について色々調べてみた結果、チャーリー古庄さんの職業は航空カメラマンということで、民間航空機を追いかけたり航空雑誌の取材や航空会社の依頼を受けて世界中を旅して回り魅力的な飛行機の写真を撮り続けています。

まさに趣味と仕事を兼ね揃えており、人生楽しそうですよね〜〜

なんとも羨ましい限りです。。。

そんな仕事と趣味を兼ね揃えたチャーリー古庄さんの年収ですが、私の調査によると約1000万ほどあるのではないかと予想しています。

チャーリー古庄さんの場合、会社勤務やアシスタントカメラマンでは無さそうで、どちらかというとフリーランスのカメラマンっぽいですよね。

フリーランスの場合は、もちろんクライアントとの契約の量にもよりますが、料金の設定は自由なので年収で1000万円以上もらう方も結構いらっしゃるようです。

勿論仕事が取れなければ収入も0になりますが、チャリーリー古庄さんの場合は業界でも結構名前が売れているので企業からの信頼も暑いのではないでしょうか?

ここまでくると実力で飯が食えるって感じになるので、なるまでは大変ですが、なってしまえば・・・

というような感じはありますね〜

チャーリー古庄さんの経歴は?

子供の頃から乗り物好きだったチャーリー古庄さんは航空業界にあこがれ、渡米後はパイロットのライセンスまで取得し、同時に航空機ビジネスまで学んでしまいます。

日本に帰国後は、なんとコンチネンタル航空にまで就職しており、整備以外の職は全て経験したそうです。

今の時代、自分の好きな事すら明確になっていない若者が多いですが、そんな連中から見れば神様みたいな存在ですよね。。。

その後は完全に写真家として独立し、撮影や雑誌の取材、全国でトークイベントなどもやる人気写真家なんですが、 そんな活動が功を奏して21014年には世界で最も航空会社に乗った人としてギネスの世界認定まで受けています😅

それによしもとクリエイティブ・エージェンシーの文化人としても所属を置いており、もはや写真家の枠を超えた活動をされているんです。

知れば知るほどすごい経歴の持ち主のチャーリー古庄さんですが、趣味に仕事に精力的活動しておられるので人間として男として生き方に尊敬してしまいますね〜

スポンサーリンク

LCCの魅力とは??

LCC最大の魅力といえばやはり、低価格でしょう^^

既存の航空会社のチケットに比べれば2割、最大で5割も安いと言われています。

また、チケットは航空会社から直接購入できるので、購入時点で便名・時間が分かるので格安航空券で国内旅行の計画を立てるのにも非常に便利ですよね^^

もう一つ挙げるとすれば片道でも低価格で購入出来るという点でょうか?

往復購入ではないので旅先での滞在日数の制限もない所がいいですよね〜〜♪

まとめ

今回チャーリー古庄さんのことについて色々調べた結果、素直に彼のように生きてみたい・・・

と羨ましく思ってしまいました。。

心の底から好きな事をやって生きていくって凄く幸せな事ですよね。

私にはそんなに夢中になれるものがなったので、そんな思いにさせて頂いたチャーリー古庄さんでした〜〜

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*