ゴルフの練習の最適な頻度は?100切りのコツを掴もう!

松山英樹が世界ランク3位になりました!!

日本勢初の快挙ということで、日本人として非常に誇らしいですよね〜

私も昨日、ゴルフへ行ってきました。

まぁ結果は散々でしたが。。。

最近仕事が忙しくなってきたので、週1くらいしか練習に行けてませんが、他の人が一体どれくらいの頻度で練習してるのか気になりませんか?

私もなんだかんだで、とりあえず100は叩かないようになってきたので、本日はその辺りについても、私の意見を述べてみたいと思います〜

興味ある方は、是非チェックしてみて下さい!!

スポンサーリンク

ゴルフの練習の最適な頻度は?

この辺はゴルフを楽しむ背景が個人によって違うので何とも言えませんが、私の場合はスコアを良くしたい!という前提です。

私の場合練習頻度で悩むのは、前日練習はやるべきか、やらないべきかで結構悩みます。。。

悩む理由としては、本番で力んでしまうというのが理由なんですが、解説本によると前日よりも本番前の練習をした方がいいとのことでした。

やはり、体が柔らかくなり肩の関節や、腰の筋肉をほぐしたりと血流をよくする効果のあるそうです。

確かに本場前の練習はかなり有効だと言うのは、自分の経験上説得力がありますねぇ!

スポンサーリンク

では普段の練習はどうなのか?

全く練習しない人もいれば、毎日練習している人もいて、練習してなくても上手い人は何人もいます。
(悔しい・・・!!)

色々調べてみましたが、結論的に言うと時間が許す限り練習はした方がいいそうですね。(当然と言えば当然ですが)

でも毎日練習しても上手くならねー!!と言う私みたいな人もいるでしょう(笑)

しかしこれ、上達だけでは無い、ある大事な要素があるらしく、それは、下手にならないということだそうな。。

「シングルになるのは難しく無いが、シングルを維持するのは難しい」という言葉を聞いたこと無いでしょうか?

つまり、努力次第でシングルになることは可能だが、それを維持することはシングるになるよりも数倍難しいようです。

プロの世界でもメジャーリーグやNBAでは、シーズン終了後、4〜5ヶ月間全くボールやバットに触らない選手もいるのですが、ゴルフの場合は、プロと言えど4〜5ヶ月間もの長期間ボールを打たないと元の状態へ戻すのに何ヶ月もかかるようです。

ですから、長いブランクを作らず、短期間の休みを何回かに分けてとるようですね。。

まとめ

まープロと比較してもしょうがないんですが、「練習やっても上手くならない・・・」と悲観するよりも「これで下手にはなってない」と前向きに考えた方が良さそうでうね。。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*