神戸アニメストリートの閉鎖後はどうなる?岸健介の逮捕は?

阪神・淡路大震災から20年以上が経過し、復興のために様々な施策が講じられてきましたが、一つ悲しいニュースが。。。

神戸の神戸アニメストリートが2017年の6月末で閉鎖されることがわかりました。

アニメで神戸長田区を盛り上げたいという思いで、市が6700万円を支援していたようですが、完成からたった2年で幕を閉じることになったようです。。。

私はアニメのことはよくわかりませんが、マニアやコアなファンも多いですし、各地域で大きなイベントとかもありますから、それなりに人が集まりそうなイメージがあるのですが、上手くいかなかったのですね。。。

今後の神戸アニメストリートは一体どうなってしまうのでしょう??

本記事にて独自調査してみました。

神戸アニメストリートってなに?

アニメに無縁の私にとっては、私は初めて聞く名前だったので簡単に調べてみました。

要は神戸の再生プロジェクトの一環で、アニメに特化した街作りをしよう!とのことだったんですね。

2016年には、ガイナックス・ウエストも拠点をおいて、神戸からのアニメ作品発信にかなり期待が高まっていたようです。

「ガイナックス」ってどこかで聞いたことるなぁ?と思ってたんですが、調べてビックリ!!

なんとあのエヴァンゲリオンの製作会社ではありませんか!!

ただ単に、アニメ関連のショップがあるだけかと思ってたんですが、中々本格的に活動されてたんですね〜💦

その影響か、動画配信のスタジオまで完備されていて、イベント時にはそれなりの集客があったのですが、平日は閑古鳥状態で売り上げ持て低迷仕していたのだとか。。。

アニメといえば、私の中では秋葉原というイメージしかないのですが、秋葉原なんて平日でもわんさか人がいますが、そう簡単に秋葉原並みに集客なんてできないんですね💦(秋葉原もアニメばかりじゃありませんが・・・)

地域から、有名なアニメが発信できるとなんて、かなり良いPRになりそうですが、そう簡単には行かないもんなんですね(泣)

神戸アニメストリート閉鎖の原因(理由)はなに?

先ほども述べたように、神戸アニメストリートの閉鎖は、売り上げの低迷によるものとされています。

それによって、グッズ企画製作会社等への支払いも、相当滞っているようで、各社売上げの未払いを訴えているのだとか。。。

この状況からも相当資金繰りに困っていることが伺えますね。。。

人が集まって物が売れて、初めて売り上げが発生する訳ですから、売り上げが低迷している時点で遅かれ早かれこの結果に至ったでしょう。

せっかくの町おこしと言うことで非常に面白い企画だったと思いますが、なんとも残念な結果になってなってしましたね。。。

スポンサーリンク

神戸アニメストリートの閉鎖後はどうなる?

神戸アニメストリートの閉鎖に伴って、その跡地はどうなってしまうのでしょう?

如何に閉鎖してしまったとは言え、これだけの大規模なストリートを更地にするのも勿体ないですよね。。。

恐らく、何らかの形でアニメにに携わる形で残っていくのではないでしょうか?

日本のアニメ市場規模は、1兆8千億円とも言われている超大規模市場です。

アニメで失敗したのに、またアニメか!

なんて意見もあると思いますが、失敗したのは経営の方法が悪かっただけで、アニメが悪い訳ではないですからね〜

せっかく、それなりの環境があるので、アニメをもっと上手く利用して、違う形で集客を見込んで欲しいと思います。

スポンサーリンク

神戸アニメストリート閉鎖で岸健介さんの逮捕はあるの?

岸健介さんて誰?って思われる方も多いと思いますが、神戸アニメストリートの運営会社の社長です。

実は、この岸健介社長は、以前逮捕されている経緯があります。

こういう経緯があると、今回の神戸アニメストリート閉鎖って計画的なの?と思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

いわゆる計画倒産っていうやつですね。。。

支払い業者に対して、未払いがあることを岸健介社長も認めていますが、まさかこれも・・・って思ってしまいます。

現状ではそのような話にはなっていないので、断言はできませんが、前科があるならばどうしてもこのように考えてしまいます。

当然、私の勝手な意見なので、どうなっていくのか今後の同行を見守っていきたいところですね。

まとめ

災害大国日本において、このような復興のためのイベントや町おこしは必須と言っても過言ではありません。

この場合、通常の経営とは違う形(復興と言う背景を背負う)になるので、何としても成功させたいですよね。

復興のための町おこしが失敗となると、ダメージが2倍になって跳ね返ってくるような気もしますから。。。

神戸アニメストリートの閉鎖を今後の教訓に活かしていきたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました・

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*