多気町みなびまつり、2016年の出店や花火大会、駐車情報をチェック!

どうも。ケンシです。

今年も三重県多気郡多気町では夏恒例の多気町「みなびまつり」開催されます。

多気町にはもともと「ふるさと祭り」という地元のお祭りが30年も続いていましたが、残念ながら2011年で地域の予算の都合上終了しちゃいました。。。

しかしながら、「地域の祭りがないのは寂しい・・・」「地域を活性化したい!」との思いで2013年に「多気町商工会」青年部を中心に「多気町みなびまつり」として見事に復活を遂げました!!

地元のローカル祭りと侮ってはいけません!

昨年はスタッフ総勢100名で来場者数は4800人となっており、かなりのビッグイベントとなっており大変な賑わいを見せております^^

今日はそんな「多気町みなびまつり」の出店情報や花火大会についてチェックしてみたいと思います!

スポンサーリンク

多気町みなびまつりの出店は?

2016年の出店は詳細が発表されていませんが、昨年とほぼ同じと考えて良さそうです。

出店は地元のお店ばかりで、ホント地域に密着した祭りになっています。

農協の出店では、桃、梨、ぶどうが売り出されており、1個100円〜と値段もかなりお手頃になってます(笑)個人的には久居のブランド「幸水」という名の梨はみずみずしくてとても美味しく大好きです!

また、地元多気町と言えば「川原製茶」のお茶が有名ですが、昨年はこちらも出店していました。

川原製茶さんは「伊勢茶」で有名で、平成15年には三重県から正式に「三重ブランド」として認定されており、川原製茶さんはなんと「認定事業所」として選ばれている名店です。

因みに、三重県ってお茶の生産が全国3位なんだそうです。

他、「コケッコー共和国」さんの平飼い有精卵というこだわりの卵で作った「たまごかすてら」や地元のお肉や野菜のみを使用している「ハンバーガー」等、30店舗程のお店が出ており、飲んで食べてで、お子様からお年寄りまで楽しめる品揃いになっています。

多気町みなびまつり 花火大会

37391_1_l

2013年に見事復活を遂げたこの祭りの最後を締めるのが打ち上げ花火大会です。打ち上げ会場は「ゆとりの丘」で、スターマインや仕掛け花火が約2500発が20:30〜21:00で30分程打ち上がる予定です。

この花火大会、勢和村時代の花火が予算カットになり廃止になったようですが、商工会青年部の頑張りで見事復活を遂げました!何とか地域を復活させたいと思いの込められた花火なので主催者の方々は感慨深いものがあるでしょうね^^

この花火大会の魅力は何といっても「距離感」だと思います!

確かに他の花火大会と比べて打ち上げ数は少ないですが、音圧や振動を体感できるほどの近距離で打ち上がるので、30分間興奮すること間違い無しです!

また、この花火大会に関して、穴場やスポット等も調べてみましたが、特に有効な情報は見つかりませんでした。。。

祭り自体が凄く一体感を持って運営されているので会場全体の雰囲気を味わいながら花火大会を鑑賞するのが一番良いかもしれませんね^^

スポンサーリンク

多気町みなびまつり 花火大会の駐車場はある?

会場には無料で約600台程停めれる駐車場があります。来場者数4000人なので1/4と考えても半分近く足らないのですが、徒歩圏内の「古江川原駐車場」や「勢和小学校グランド」に駐車することができますので、時間を気にせず最後まで安心して「多気町みなびまつり」を楽しむことができそうです^^

多気町みなびまつりまとめ

出店や、花火以外にも子供達のラップ大会や地元中学生の催し物と地元の方でなくても楽しめるイベントになっています。

一度は無くなった祭りを商工会青年部を中心に、誰かにどこかに依存するのでは無く、自分達が自分や周りの人達のために、地域のために心一つに動いていることがすごく解りました。

今年の夏は多気町の夏の風物詩「みなび」で故郷の思いを感じてみるのは如何でしょうか?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*