三橋淳が八百長を持ちかけたテニス選手(相手)を誰か予想!

プロテニス選手の錦織圭さんや、プロゴルファーの松山英樹選手など、最近は世界で活躍する日本人が増えましたよね〜

テニスやゴルフだけでなく、昨今ではサッカーや野球は勿論、リオデジャネイロオリンピックでの日本人の活躍を考えればその活躍ぶりは目を見張るものがあります。

いや〜日本人として誇らしいな〜!!

なんて思ってた矢先に超ショッキングな事件が・・・

元プロテニスプレイヤーの三橋淳選手が、八百長行為を働いたという事でテニス会から永久追放との処分を下されました。。。

テニスの試合で八百長ってあるのか・・・というのが正直な感想だったのですが、不正監視団体があるくらいですから、結構頻繁にこの手の事件はあるのでしょうね。。。

情報によれば、2015年の大会時に自身がコーチを務めた選手を通じて八百長を働きかけたと言いますが。。。

一体その選手とは誰なのでしょうか??

本記事にて調査してみたいと思います。

三橋淳さんの経歴は??

本題に入る前に、三橋淳さんて誰なの?っていうところから入ってみたいと思います。
(私は今回のニュースで始めて知りましたので💧)

三橋淳さんは、なんとイギリス出身の日本人で現在28歳。

身長165センチと、小柄ながらパワフルなプレーが武器で、ランキングの自己最高が295位だそうですが。。。

因みに、錦織選手が現在世界ランキング9位なので、こうやってみると錦織圭選手がいかに凄いかというのが良くわかりますね〜^^

その錦織選手ともかつてはダブルスでプレーしたことがあるらしく、日本人選手としてはかなり有望な方だったのではないでしょうか?

私はテニスの事情はあまり詳しくありませんが、そんな有望な選手の不祥事となれば日本としては痛恨のダメージになるでしょうね。。。

スポンサーリンク

三橋淳が八百長を持ちかけたテニス選手(相手)を誰か予想!

今回の罪には、3つの要素があります。

  1. 他の選手へ八百長を持ちかけている
  2. 試合への賭け
  3. テニス腐敗帽子組織への調査協力の拒否

以上3つについて問題があるための永久追放なんですね〜。

ことの発端としては、2015年11月の南アフリカ大会。

他の選手へ八百長を持ちかけるように頼んだことから始まりますが、その時三橋淳さんがコーチをしていた選手はJ・チェティ選手だったそうです。

そして三橋淳さんが八百長を持ちかけた選手は、

  1. ニコライ・ダビデンコ選手
  2. マルティン・バッサージュ・アルゲージュ選手

この2名のどちらかか、もしくは2人共ではないか?と想像しております。(勿論私の個人的な見解です。)

というのも、この2人は2007年の試合でイカサマ的な疑惑があるんです。

ブックメーカーによって、試合が賭けの対象になるということは良くあるのですが、その試合ではバッサージュ・アルゲージュ選手の方がオッズが高かったようです。

しかもかなり高い倍率で・・・

結果としては、ニコライ・ダビデンコが試合中に足が変だと訴えだしけがを訴えた末、試合を途中棄権したそうです。

これってイカサマの匂いがプンプンしませんか??

明らかに2人で試合を操作しているように思えます。

三橋淳さんが八百長を働きかけた相手はたくさんいるかもしれませんが、この2人はかなり可能性が高いのではないでしょうか??

テニスの八百長は昔からある??

残念ながら、テニス業界ではこのような八百長疑惑が昔からあるようですね。。。

あのジョコビッチやフェデラーにも疑いがかけられたりしたこともあるようで、それを防止するために監視委員会もあるのです。

私のテニスのイメージとはかけ離れていましたが、かなりドロドロした背景があるようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の処分は、日本人として始めてとうことで、非常に不名誉な結果になってしまいました。。。

三橋淳さんの八百長疑惑は76件もあり、かなりの悪質さが伺えます。

テニス選手として金銭に困っていたのか?黒幕がいるのか?

八百長行為の動機は定かではありませんが、このような不正が今後なくなることを祈るばかりです。

一番迷惑しているのは、一生懸命努力している選手であり、その姿を応援するファンの方々ですから。。。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*