妊娠中退は自己責任なのか?相手男性や避妊についても考えた

Twitter見てたら妊娠中退ってワードがトレンド入りしてました。
(多分テレビでこの手の特集がやってたのかな??)

何でも高校生が妊娠して自主退学するケースが最近増加傾向らしいんですが。。。

この手の話って、大昔も金八先生でもこんなネタやってて、あれから何十年か経ちますが全く変化してないんですねぇ〜

高校辞めるということは、そのまま社会に出るということですから、未成年、高校中退、妊娠、という状態で、そのまま1人で生活していける筈もなく、生まれてくる子供にも貧困が連鎖してしまうそうです💧

確かに状況はわかりますが、高校生と言っても子供じゃあるまいし、ある程度自己責任っていう部分もあるのではないか??という意見もあり、賛否両論分かれています。

今日はこの妊娠中退について私なりの意見を纏めて見ましたので、興味ある方は是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

妊娠中退ってなに??

私もTwitter見て、文字だけで意味を独自判断してたので、単語の意味をしっかり調べてみました。

妊娠中退とは、学生が妊娠をきっかけに、学校を退学する(させられる)ことを言います。

てか、調べるまでもなく、やっぱりそういう意味でしたな〜💧

因みにこの学生ってのは、中高生が圧倒的に多いのだとか。。。

冒頭でもお話した通り、この話は今に始まったことじゃ無く、かなり昔から問題になっている由々しき問題なんです。。。

ここで一つ疑問なのが、妊娠したら必ず学校を辞めなくてはいけないのか?ってことじゃないでしょうか??

法律や校則で、決まってなければ妊娠したって別に学校を辞める必要もないでしょうからね〜

妊娠したら学校は必ず辞めなくてはいけないのか??

結論から言いますと、日本にはそんな法律は無いんです。

文科省は、学業継続の意思がある場合は、母体保護を優先して教育上必要な配慮を行うと示しているんです。

じゃぁ校則(学校側)はどうなんでしょうか?

実はこの辺りについて、明確にしている学校もかなり少ないようです。

だから、別に妊娠したからって、退学しなければならないという訳では無さそうですね〜

ただ、2015年に岩手の県立学校では、妊娠は退学処分とはっきり校則に明記してたそうです。

やはり学校側としては、校則どうこう言うより、風紀が乱れることを心配しているようです。

確かに、妊娠した学生が何人もいたら、??💧って感じてしまうかも知れません。。。

この辺りが、ルールで縛れない人間の難しいところですよね〜〜

スポンサーリンク

妊娠中退は自己責任なのか?

教育上の問題もあるかと思いますが、私としてはやはり妊娠は自己責任と言わざるおえないと思います。。。

やはり、リスクは女性ありますから、最低限の避妊や断ることは必要では無いでしょうか??

もちろん相手男性にも問題はありますよね。。。

仮に学校内の男女で妊娠に至っているなら、女子だけでなく、男子も退学にするとかしたらいい思います(笑)

日本ではこの手の性教育は遅れていると聞きます。

文科省は、この妊娠中退の実態を認識し、性教育についてしっかり教育のカリキュラムに入れることを検討する必要があるのでは無いでしょうか?

まとめ

いかに、妊娠しても学校を辞める必要が無いと言っても日本はまだまだ、学生の妊娠を問題と捉える風潮があるようです。

また、学校も本人も学校を続けたいと言っても、周囲から白い目で見られたり、イジメにあったり・・・と、やはり学生を続けにくい雰囲気があるのは間違いありません。

だからこそ、そうならない様な、自己管理が必要であり、男女共に意識する必要があると思います。

一概には言えませんが、妊娠中退しても、明るい未来がある訳では無いので、少しでもそうならないような自己管理をしていきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*