なぜなぜ分析の有効性は?悪さを深堀し再発防止策を検討しよう!

どうも。ケンシです。

本日も気になるネタでボヤイてみたいと思います。最後までお付き合い下さいまし^^

私の会社は自動車部品メーカーの中小企業なんですが得意先に対して「不良品」を流してしまうと、再発防止の対策書を取り纏めて報告しなければなりません。

再発防止とは読んで字の如くで、なぜ不良品が出来たのかその原因を調査し、二度と同じ不良品が出来ないように対策を打つことです。

そして原因調査の為に「なぜなぜ分析」という手法が使われるのがセオリーです。

スポンサーリンク

なぜなぜ分析とは?

つまり、なぜ不良品が出来たのか?それはなぜか?それはなぜか?それはなぜか?・・・・・と「なぜ」を5回繰り返すんです。

そうすることで真の原因が究明でき、真の再発防止が出来るという考え方です。

この「なぜなぜ分析」。実は仕事だけでは無く、プライベートにも、結構使える優れものです^^

例えば、あなたがよく待ち合わせに遅刻してしまうと言う悩みがあるとしましょう。

その場合のなぜなぜ分析は

  1. 出発時間が遅かった
  2. ↓なぜ?
  3. 出発時間の選定を誤った
  4. ↓なぜ?
  5. 渋滞時間等を考慮していなかった
  6. ↓なぜ?
  7. 目的地までの道路事情を考慮していなかった
  8. ↓なぜ?
  9. 遅刻していけないとの認識が自分自身不足していた

てな所でしょうか?

スポンサーリンク

「なぜなぜ分析」最大のポイントは「なぜ」を繰り返すことで最終的に自分自身の悪さ、会社でいえば、「仕組み」や「プロセス」の悪さにたどり着きそこを対策することで、真の再発防止になるという考え方です。

今回の例で言えば最終結果として「遅刻してはいけないとの認識が自分自身不足していた」となり、自分自身の自己啓発に繋がります。

ただ単に、次遅刻をしないように「気を付ける」とかじゃ、現実問題として真の再発防止にならないんですよね。。。

私はおバカなので同じミスを繰り返してしまい、人に迷惑をかけることがありましたが、「なぜなぜ分析」を活用することで、ミスを減らす事が出来ました^^

「同じミスを何回もしてしまう・・・」と悩んでいる人は是非試してみて下さい。意外と効果があると思いますよ^^

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*