小澤竹俊医師はどんな人物?在宅看護や講演会情報もチェック!

最近は高齢化社会が進み、今後もっと深刻な状態になっていくと言われていますね。

高齢化が進めば当然、日本の労働人口も減少するので、生産性や競争力が低下することが避けられないので、外国人の受け入れなども徐々に広がっていくでしょうね。

しかしそれにも増して、現状の医療の現場も労働者不足で大変で、こちらの問題も今後更に加速していくので心配な所です。。。

そんな医療現場で注目を浴びる医師が小澤竹俊さんです。

小澤竹俊さんの魅力とは一体何なのでしょう??

本記事にて独自調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

小澤竹俊医師はどんな人物?

小澤竹俊(おざわ たけとし)さんは東京都出身の医師で、現在は横浜市にめぐみ在宅クリニック(在宅療養支援診療所)を開設しています。

在宅看護とは住み慣れた自宅療養する方への看護のことで、住み慣れた環境で過ごせるという精神的メリットが高く最近ではその割合も増えているようですね。

私も自分ごとと考えれば、在宅看護の魅力はわかるのですが、デメリットとして病院での療養と比べると、やはり人的・物的なサポートは劣ってしまうのが現状です。

そんなデメリットを少しでも払拭しようとしている医師こそが小澤竹俊さんではないでしょうか。

小澤竹俊さんの魅力は聴く力にあります。

患者さんや家族の思いを深く受け止め、それに応じた療養の計画立てていくのだとか。

医師やホームヘルパー不足の中、看護が手薄になってしまう状況の中で、患者が望む穏やかな最期をいかに迎えられるようにするかを徹底して考えてらっしゃるのですね。

人は、できたことが出来なくなっていく苦しみを抱く。それをいかに取り除くか

小澤竹俊さんの言葉が心に響きますね。

スポンサーリンク

小澤竹俊さんの講演会情報をチェック!

小澤竹俊さんの講演を私は聞いたことありませんが、参加された方の情報を見た感想としては、

非常に生きることを大事に考えているなぁ。。。

と思いました。

特に相手の苦しみをキャッチすると言う部分について非常に考えさせられます。

単に苦しみと言っても体感的な痛みのことだけでなく、精神的な苦しみやスピリチュアル的な苦しみに、どのように対応していくのかをお話しされているようで、なんとも興味深い内容となっています。

この辺りが、聴く力が優れていると言われる所以なのでしょうね。

私はあまり人の話を聞かないと嫁にも注意されるくらいなので、是非とも小澤竹俊さんの講演会を聞いてみたいと思います💧

小澤竹俊さんの講演会情報はこちら 

まとめ

自分の信念を基に行動し続ける、小澤竹俊さんには本当に脱帽ですね。

自分のためでは無く、人のためにっていう所が凄いと思います。

これからも頑張って頂き、在宅介護を発展させて頂きたいです^^

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*