SMAP紅白歌合戦出場の希望あり!タモリが司会を務める可能性も?

どうも。ケンシです。

日本の大晦日といえば当然「紅白歌合戦」が楽しみの一つですが、今年の紅白は過去に無い注目を浴びてますね。

連日SMAPの解散騒動で色んな話題が飛びかっていますが、今回新たなニュースが飛び込んできましたね。

それはSMAPは紅白歌合戦に出場するのか?というニュースです。

NHKはSMAP出演に対してオファーをかけているとのことで、ファンからしても当然「見たい」に決まっており、正に日本中が出場を待ちわびている状態になっています。

そんな中、あのタモリさんがSMAPが出場するなら司会をやると言っているとの情報が入ってきました!

しかし、あのタモリさんを動かすなんてSMAP解散の大きさを感じますね〜

今回はSMAP解散に伴って、タモリさんが紅白歌合戦の司会を行うのかについていろいろ調査してみました!!

スポンサーリンク

SAMP紅白歌合戦の出場の可能性は?

これに対して、今の所はっきりした答えはなく「出るとも出ないとも決まっていない」状態ですが、連日の報道を見ている感じではSMAPも「出場する気はない」と言う感じでは無いでしょうか?

特に香取慎吾さんや草なぎ剛さんは活動自体が無理ってな感じで唯一5人で揃う「SMAP×SMAP」の収録も相当空気が悪いようですね。。

個人的にはSMAPやジャニーズ事務所の内部でのゴタゴタで何があったのかは知りませんが、ドライな言い方すると「SMAP」はある意味仕事であり、職業である訳ですから、ファンの気持ちを優先する必要があると思います。

SMAPというグループは当然ながら永遠に続く訳ではないですから、いつか何らかの形で終わりがくるでしょう。

(これは何でもそうだと思います。)

人間が集まればそれなにりにモメ事とかもあるでしょうから、いずれ歪みも出てくると思います。だから、いくらファンの為であっても「解散しない」とすることは不可能ですよね。

だったらグループ最後の日までファンの為に活動することがSMAPとしての仕事であり責任であると思います。

紅白に出場するしないは今後明確になってくるでしょうが、各メンバーのコメントも少なからず、ファンの方への謝罪がありました。

その気持ちがあるのであれば、「2016年内で解散する」と公言しているのであれば、年内最後の「紅白歌合戦」はSMAPは出場して、ファンを喜ばせてくれるでしょう^^

私はそう信じています。。。

スポンサーリンク

SMAP最後の紅白歌合戦の司会はタモリがする?

実はタモリさん、2008年から「ブラタモリ」に出演して以来、幾度となく紅白の司会をオファーされているようです。

タモリさんは「自然体での司会が」がモットーなので、綿密な打ち合わせや、拘束時間の長い紅白歌合戦は性に合わないようですっと断ってきたとの事。

そんなタモリさんが今回、「ブラタモリ」のスタッフを通じて「やる」との申し入れがあったそうです!!

タモリさんは個人的にSMAPのメンバーとは親交が深く、それぞれと交流があることで有名ですが、中でも親交が深かったのは草なぎ剛さんと香取慎吾さんとの関係です。

草なぎさんと香取さんは正月はタモリさんの自宅で過ごすというのが恒例だったようで、タモリさんの手料理を堪能していたとか。

また、中居正広さんへの思入れも強く、タモリさんが引退した後の後継者は中居正広だろ周囲に漏らしていたようです。

恐らくタモリさんは中居さんがジャニーズをやめたら、自分の事務所に迎え入れようとしてるのかもしれませんね。

つまり、タモリさんが紅白歌合戦の司会を申しいれたのは、SMAPの最後の姿を自分自見届けたいとの思いからくるものなのでしょう。

大物芸能人を国民的番組の司会をさせる程、SMAP解散の影響は強いということですね。

まとめ

大御所の芸能人までもがSMAP最後の姿を見せるために、動きをかけてくれているなれば、SMAPの立場としてはますます紅白歌合戦に出場しないという選択は無くなるのでは無いでしょうか?

もはや、一ファンだけではなく周囲の関係者すべてがSMAPのファンという状態ですね。

自分達の都合を押し通すのか、それともファンの為に心を一つにして最後の勇姿を見せるのか?ファンを大事する彼らであれば、選択に迷う余地など無いはずです。

今回の問題は、SMAPというグループとしてではなく、各個人、一人間としての対応が求められると思います。

X JAPANのヨシキさんが「メンバーが生きてるのに解散するなんて勿体無い。。。僕達は再結成はできないから・・・」とコメントしてたのが印象に残ります。

正直、やめたり、解散するのはいつでもできます。だからこそ、やめない方向で進んで欲しいと思う今日この頃です。

ただ前を向いて・・・・

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*