シャペコエンセを乗せた旅客機の墜落原因は?ケンペス選手の安否は?

どうもです。ケンシです。

南米ブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセを乗せた旅客機がコロンビアで墜落したとのニュースが入りました。

コロンビア当局の情報では、乗員乗客は計81人いるということで、生存者は少なくとも5人はいるようなのですが他の方の安否も心配ですよね・・・

シャペコエンセは30日に南米サッカーの国際大会(スダメリカーナカップ)の決勝でコロンビアのチームと対戦するために旅客機旅客機の乗っていたようですが、気になるのは旅客機墜落の原因です。

現時点での詳細は不明なのですが、一体何故に旅客機は墜落に至ったのでしょうか??

本記事にて独自調査してみました。

シャペコエンセを乗せた旅客機の墜落原因は?

uni85_amenohinofly15073605_tp_v1

シャペコエンセを乗せた旅客機は墜落直前に同機から異常を知らせる連絡が入っており、着陸体勢に入る際、何らかのトラブルが生じた可能性があると報道されています。

一体どんなトラブルがあったのでしょうか?

調べてみると、航空事故の約8割は旅客機が離陸や上昇を行う際と、入・着陸を行う際の短い時間帯に起こっています。

確かに今回の墜落事故に関しても、着陸体勢に入った時のトラブルのようですが、このなかでも離陸後の3分間と着陸前の8分間の「クリティカル・イレブン・ミニッツ (魔の11分)」と呼ばれる時間帯に事故は集中しているのだとか。。。

墜落事故の要因としては、

  1. 操縦ミス 37%
  2. 原因不明 33%
  3. 機械的故障 13%
  4. 天候 7%
  5. 破壊行為 5%
  6. 操縦以外の人的ミス 4%
  7. その他 1%

となっており、事故原因の大半はなんと人為的なミス(操縦ミス、判断ミス、故意の操作ミス、定められた手順の不履行、正しくない地理情報に基づいた飛行、飲酒等の過失など)、または機械的故障(構造的欠陥、不良製造、不良整備、老朽化など)なんです。

操縦ミスが1位というのは正直驚きですね。。。

トラブルの詳細までは分かりませんが、過去の傾向から察するに、何らかの操縦ミスがあったのではないかと推測できるのでは無いでしょうか??

人間だからミスはすると思いますが、この結果を見てしまうと今後安心して飛行機に乗ることができなくなってしまいます。。。

もう一つ驚きなのは、2位の原因不明による墜落ですね💧

原因不明ということは、再発防止する為の対策も取れないということですから、同じような事故が次に発生するかもしれないということですので、ここは原因究明に全力を挙げて欲しい所です。

ケンペス選手の安否は?

yjimage

ケンペス選手が所属している、シャペコエンセはブラジル1部リーグに所属しており、監督は2009年にJリーグの神戸を率いたカイオ・ジュニオールが務めているチームです。

在籍選手はケンペス選手の他に、元札幌のハファエル・バストス選手や元福岡のモイゼス選手のほか、元柏のクレーベル選手らも在籍しています。

モイゼス選手は今回の遠征メンバーから外れており、ブラジルに残っていたため無事という情報が確認されていますが、生存者5人という情報の中に元Jリーガーの名前がないので、ケンペス選手の安否についても現状では確認できていません。

今後も継続して最新情報を確認していこうと思います。

とにかく今は祈ることしかできません。。。

まとめ

世界で活躍するスポーツ選手(だけでは無いが・・・)達にとって、旅客機(飛行機)は絶対必要な乗り物である為、安全確認には最新の注意を払う必要がありますが、操縦ミスという人的ミスによる要因が多いのは頂けませんね。。。

人間である以上、どうしてもミスは発生するものなので、そこを踏まえた安全管理が必要なのではないでしょうか?

今はただ、シャペコエンセの方達の無事を祈るしかありませんので、早く救助が進むことを願うばかりです。。。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*