高藤直寿が規律違反から牧志津香と復活!柔道家とハゲは関係ある?

どうも。ケンシです。

いよいよリオリンピックが開幕しましたね^^治安問題やジカ熱等、前途多難な雰囲気が漂っていましたが、なんとか無事に開会式も終わったようでとりあえずは一息つけそうです。。

そんな中、早速日本柔道の高藤選手が銅メダルを獲得しました!!

高藤選手は才能と努力に満ち溢れた選手で、過去の実績も素晴らしいのですが、その反面、規律違反等で罰を受けたりもしているとのこと。。。
一体、どんな違反があり、どんな罰を受けたのでしょうか?

とういうわけで、今日は高藤直寿選手について記事を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

高藤直寿が犯した規律違反とは?

高藤選手は2013年に成果選手権で優勝しているのにも関わらず、翌年の世界選手権では強化指定のランクを降格させられてしまい、世界選手権への出場も見合わせる自体となっています。

その高藤選手が犯した規律違反とは遅刻であり、チームの集合時間に複数回あったとのこと。

この当時の高藤選手はかなり素行が悪いことでも有名で遅刻もさることながら合宿中に抜け出してパチンコへ行くなどの行為もあり、天狗になっていたようです。
かなり実力や才能を持った選手なので柔道連盟も甘めに見ていたのでしょう。

しかし、当時の監督である井上康生さんはこのような事態に対して厳しい罰を高藤さんに与えることで世界選手権への出場を見合わさせ、尚且つ、自分自身も頭を丸めることになりました。

この頃、現在の奥様「牧志津香」さんと結婚されており、深く再起を誓うようになります。

嫁、牧志津香の現在

牧さんは大阪府出身で、現在27歳。6歳の頃から柔道を始めており、中3の柔道全国大会で52㎏級で優勝しています。高1の時には全日本ジュニアの57㎏で決勝で敗れています。なんとその時の決勝の相手があの松本薫さんです。

本当にいつも感じますが、アスリートとして一線で活躍している方達って子供の頃から輝かしい成績を納めていますよね、、逆に言うと子供の時に成績が悪いと才能が無いということになるのでしょうか💧

柔道大会の「グランドスラム東京」で初戦敗退にも関わらず、放映局のテレビ東京に「がむしゃらクイーン」と名付けられており、凄くアグレッシブの戦いぶりが想像できます。

高藤選手とは2014年に結婚しており、現在は1歳半の長男と3人家族です。今回は高藤選手の応援で息子とリオへ向かうはずだったようですが、治安の悪さを懸念し、自宅で観戦することになったようです。

スポンサーリンク

柔道家とハゲの関係性

少し、余談にはなりますが、柔道家や格闘家の方とハゲの因果関係について言及してみたいと思います。(高藤選手で検索したらハゲ記事がすごく多いので・・・)

高藤直寿さんがハゲているかどうかはさておき、格闘技をやっている方はハゲになりやすいという傾向があるようです。

確かに寝技であったり、髪の毛を引っ張ったりすることが多い格闘技ですので何となく想像できるのではないでしょうか?

因みに、トレーニングや筋トレによって男性ホルモンが活発になるからハゲるという説もありますが、どうも眉唾ものです。。。

そもそもハゲの原因はジビドテストステロンという成分が薄毛を起こす原因とされており、ジビドテストステロンは5αリグターゼという成分が結びついて生まれるので単純に男性ホルモンが活発になるからということとは関係ないようですね。

あくまで、ハゲの要因は生活習慣やストレス、遺伝による外部的問題が多く男性ホルモンとは関係なさそうです。

ただ、ストレスという面においては私のような凡人と比較すれば相当なものがあるので、そういう意味ではハゲる確率は高くなりそうですね。。。

まとめ

類い稀な柔道の才能を持ちながら、一時は天狗になったりして、現在復活を遂げている高藤選手ですが、今回のリオオリンピックでは見事「銅メダル」に輝いています。

勿論、本人は金メダルを目指していたと思うし、非常に残念がっていると思いますが、個人的には凄く「あっぱれ」をあげたいです。

完全復活とまでは行かなくても、この調子で練習にハゲみ、次回東京オリンピックでは是非とも金メダルを取ってもらいたいと思います!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*