未分類

NHKの報道が捏造と叩かれた理由は?貧困女子高生騒動を調査した

どうもです。ケンシです^^

インターネットの普及で、以前より格段に情報が入手し易くなった今日この頃ですが、その分自分自身で情報の善悪を判断しないと、嘘の情報に振り回されることになってしまいます。

情報化社会になって便利になった反面、犠牲になった方も多いのではないでしょうか?

そんな中、先日NHKで報道された高校生の貧困生活について報じたニュースが、インターネットやメディアで「やらせ」や「捏造」なんて叩かれていましたが、結局ネットメディアが、事実誤認という見解を示しましたね。

散々叩くだけ叩いといて、事実誤認もあったものではありませんが、NHKも度々不祥事が報じられていますので、世間のイメージとしても話題として入りやすかったのではないでしょうか?

それにしても、一体なぜNHKの報道は捏造などと叩かれてしまうことになったのでしょうか?

本記事にて探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

NHK報道の捏造疑惑の発端は?

騒動の始まりは、NHKが2016年8月18日に放送したニュース内での「子供の貧困」特集でした。

内容は両親が小学校5年生の時に離婚し、アルバイトの母親と2人で暮らしているという高校3年生の女子生徒は実名で登場していました。

自分が貧困家庭だと知ったのは中学校のパソコンの授業で、自宅にパソコンがない為授業に付いて行けなかったとのことで、心配した母親が1000円程のキーボードだけを買ってくれて練習したらしいです。

絵を描くのが大好きで専門学校に進学したいが入学金の50万円が払えず、就職するか職業技術学校に行くか迷っているとの内容で、横浜市で学生達が企画したイベントに登壇し、子供の貧困問題について訴える姿が放送されました。

しかし、ネット上で、2万円近くする画材が見つかったとか、この女子高生が1000円以上もするランチを食べたとツイッターであげていたりと「これが貧困?」というような疑惑が生まれ大炎上に発展・・・

私思うのですが、テレビの内容をテレビ局の苦情を入れたりとか、ネットで誹謗中傷を書き込む人って、超ヒマですよね。。。

そりゃ見てて思うところは、ありますが、わざわざ苦情入れたりするっていう神経がわかりません。

ツイッターの存在も良し悪しですよね💧

こんなこと言ったら、「相手が嫌な思いするよなぁ・・・」とか「傷つくよなぁ・・・」とかは全く考えずに言いたいことだけ言う。

インターネットの普及の代償として、モラルの感覚がなくなっているような気がします。

スポンサーリンク

NHK報道が捏造と叩かれた理由は?

結局、この疑惑はデマだったのですが、このデマを鵜呑みにして、ネットメディアのビジネスジャーナルは、NHKに対して取材もせずデマの記事を書き、挙げ句の果てには

NHKがまた捏造を報道している!

と言及した記事を投稿していました。

これが火に油を注ぐ形となって更にネットは大炎上。。。

NHKや女子高生がさんざん叩かれるという事態に陥ってしまいました。

冒頭でもお話しした通り、インターネットの普及により、情報が身近になったのはいいのですが、自分の意見もすぐ拡散できるようになったので誹謗中傷の嵐ですね・・・

日本は元来、言論の自由を認めてきてますが、最近はヘイトスピーチやシュプレヒコールを規制する動きがありますよね。

それと一緒で、ネットについても誹謗中傷的記事を規制できないのでしょうか??

まとめ

今回の騒動の結論として、NHKと報道にあった女子高生は何も悪くないということです。

確かに、考え方によってはこの女子高生は貧困ではなかったのかもしれません。

イメージ的に、貧困と聞けば、家も食べるものもないと考えられるので、そう意味でNHKの表現の仕方も曖昧であったことが原因の一つでもありますね。。

このネット社会で、表現や言葉の重さが以前より、はるかに軽くなっているので、発信する側も受ける側も、より一層感性の向上が必要だと思います。。。

スポンサーリンク

ミス・ワールドが決定される選考基準とは?歴代日本人グランプリは誰?

どうもです。ケンシです。

ミス・ワールドの日本代表選考会で東京都出身の吉川プリアンカさんがグランプリに輝きました。


imgres

リオオリンピックもそうなのですが、日本人が世界で活躍できるニュースを見ると本当に嬉しくなります。

しかも、これが綺麗な女性であれば尚更ですよね〜^^

吉川プリアンカさんは22歳での日本人とインド人のハーフで、現在は通訳の仕事をしながらモデルをされています。

今回日本代表として選ばれた彼女ですが、「日本代表なのにハーフでいいの?」という発言がネット上で話題になっていますが、私個人としては「そんなの関係ねーだろ!」って言いたいですね。

だって彼女の国籍は正真正銘日本国籍なんだから、ハーフだろうがなんだろうが関係ないと私は思います。

因みに特技はキックボクシングなのだとか。。。(怖い💧)

そんなこんなで、色々物議を醸しているこのミス・ワールドですが、どうも、ただ単に一番綺麗な人を決めるだけの大会ではなさそうですよ、、、一体どんな内容なのでしょうか?

というわけで、今回は世界No.1女性を決めるミス・ワールドについて調査してみたいと思います!

ミス・ワールドなるための選考基準とは?

ミス・ワールドにはスローガンがあり、それは目的のある美というもので、美しさの他に知性個性も選考基準となっています。

今回のミス・ワールドは日本代表を決める選考会なので、本大会(グランドファイナル)は11月29日〜12月8日でアメリカのワシントンで開催されるので、これが「決勝戦」となるわけですね^^

各国の代表が集結する世界決勝(グランドファイナル)は、パーティーやディナー、舞踏会、奉仕活動を行い、最終的に約100人程の人数から15〜20人までに絞られるそうです。。

つまり、外見だけでなく、様々な選考テストで内面も厳しく審査され、正に全世界で最も綺麗な女性を選ぶ大会というわけですね^^

開催される場所については、特定されている訳ではなく、世界のリゾート地を転々とするようで、日本での世界大会は未だ開催されたことはありません。

日本に世界の美女が勢揃いする機会があるなら是非見てみたいものですが、ここは小池都知事に頑張って貰うしかなさそうですね^^

(開催されるなら東京かな〜と思い。。。)

ミス・ワールドが始まったきっかけは?

ミス・ワールドは始まったきっかけは、イギリスのビンゴホールの経営者が、ビキニコンテストとして始まったのがきっかけのようです。

当初は丁度ビキニが流行し出した時だったようで、イギリス以外の各地からビキニ自慢の美女を集めて開かれたイベントであり、知性や教養等の選考は無く本当に美人を決めるだけの大会でした。

主催者自身も、最初はそんなに大きなイベントにする気は無かったそうですが、このイベントを地元の新聞やメディアがミス・ワールドの名で報じたことが由来になったようです。

この主催者(エリック・モーリーさん)がどんな人物かは定かではありませんが、とりあえず只者でないと言うことだけは確かですね〜

だって女性だけの「ビキニ大会」を開催するなんて、中々素人じゃ難しいのではないでしょうか?

また、これに参加する人が現実にいた訳ですから、よほどの信用がある人物か、よほど恐れられている人物かのどちらかなのでしょうね。

普通の人が「ビキニ大会やるぞー!」っていくら企画しても、参加してくれる女性なんていませんから。。。

ミス・ワールドの歴代日本人グランプリは?

1951年〜2015年まで過去64回も開催されているミス・ワールドですが、残念ながら日本人受賞者はいませんでした。

アジア勢では中国が2人のみでしたね〜

知性や教養も含めての選考基準なら日本人が選ばれてもおかしくないと思うのですが、、、

ちょっと悔しいですけど、今年日本代表になった吉川アンプリカさんが初のミス・ワールドに選ばれることに、期待大ですよね〜


まとめ

ミス・ワールドは現在機構としても存続しており、その活動は貧困支援などの寄付や慈善活動を積極的に行う活動を実施しています。

また、募金活動や寄付なども行っており、ただ単に営利目的ではないということも今回の調査で分かりました。。。

恐らく主催者のエリックさんは、当時からこの未来予想があったのではないでしょうか?

だから、営利目的ではないビキニ大会を開いて、後世に継いで行こうと考えたように思えてなりません。

最近は、日本人も外見だけでしか判断しないような風潮になってきたので、このミス・ユニバースを通じて日本の女性らしさを取り戻して欲しいと思います。